株主優待をあなたはもらっていますか?せっかく投資をしているのにもらっていないという方は勿体無いですよ!今自分が持っている株が優待株なのかわからないという方は今すぐ確認することをおすすめします!

もらった株主優待で大成功した投資家

優待株を持っているとどんなものがもらえるの?

投資顧問の評判
▲オススメの株主優待を投資顧問に聞きましょう!

株を買うメリットとして、その売買の差額で収益を上げる売却益もありますが、それ以外で注目すべきは、株主優待です。
これは、その企業で作っている製品をもらえたり、決算期に商品券がもらえたりするものです。
四季報にその優待内容が詳しく記載されています。
例えば、鉄道会社であれば、その鉄道の割引券などがもらえます。毎年、故郷に帰省するときにその鉄道を利用するという方であれば、非常に助かるでしょう。また、旅行パックの割引などももらえたりするので、旅行が好きな人にはおすすめです。
携帯電話会社であれば、機種変更や新規契約時に移動機代金が割引になるチケットがもらえたりします。また、通常新規契約時に3000円かかる初期費用が免除されたりします。
百貨店であれば、お買い物するときにそのカードを提示すれば10%引きになるカードがもらえたりします。持ち株数によってそのカードを使って買い物できる上限額が設定されていますが、よく利用する百貨店であれば、これも生活に密着しているのでありがたいでしょう。
ゲームサイトの会社であれば、自社ゲームサイトで利用できるポイントがもらえたりもします。そのポイントを使ってゲーム内のアイテムを買えたりします。
あとは、その企業の商品ではないけれども、株主にしか贈られない置物であったり、ノベルティグッズがもらえる場合があります。その企業のファンであれば嬉しいグッズがもらえるので、これを目的にしている人もいます。
そのほか、どのコンビニでも使えるクオカードであったり、図書カードのところもあります。また、米10キロなど、その企業によってさまざまですが、この優待も株を選ぶ一つの楽しみといえるでしょう。

優待株はやはり高いのか

投資への関心の高さから、株等へ投資を行う人が増えてきました。しかし、株にも様々な種類があり、投資をして資産を運用する上で、どの様な目的で行うのかという点をより明確にしておきましょう。その中で、特に株への投資の際には、値上がりで利益を得る方法を目的とするのか、もしくは株主優待を目的とするのかで大きく異なります。優待は非常に高い人気があり、専門の書籍も登場している程多くの人を引き付けています。
しかし、優待は株を持っている時期によって優待を受け取れるかが決まりますので、優待を配布する時期によって価格が変動する事もあります。優待の中には、サービスや商品の引換券や、割引券、そしてクオカード等得る事が可能です。企業によって優待内容が異なり、株の保有数に応じて内容が異なるケースがあります。クオカード等は実際に普段の買い物で活用する事ができ、金券ショップ等へ行くと現金と交換する事も可能ですので、投資をした結果の利益と考える事も可能です。
そのため高額なクオカードを優待として配布する企業の株は人気が高いとも言えます。中には数千円や数万円で購入出来る株でも優待を受ける事も出来ますので、高額な資金がなくでも優待を楽しみながら投資が出来るでしょう。しかし、企業によっては優待を途中で廃止したり、途中から優待を始める事もありますので、常に企業の動向をチェックする様にしましょう。投資を優待だけで楽しむ手法もある程高い注目を集める様にもなっています。
インターネット上には様々な優待に関するサイトが登場し、簡単に調べる事が出来る様にもなりましたので、一度検索をして調べてみると良いでしょう。または投資顧問会社のイーキャピタルで情報収集してみてもよいでしょう。きっと、興味がある優待を見つける事が出来るでしょう。

株主優待を受け取るには条件が!どんな条件がある?

優待を受け取るための条件は、大きく分けて二つあります。
第一に、優待の権利確定日に作成される株主名簿に自分名前が登載されていること。企業は、誰が株主になっているかを把握するための名簿を作成しますが、この名簿は毎日作成・更新されるものではなく、優待・配当などの権利確定日にのみ作成されます。このため1年の大半その銘柄を保有し続けていたとしても、権利確定日の名簿に載っていなければ、優待をもらうことはできません。
権利確定日に名前が載るためには、権利確定日の3営業日前に株を保有している必要があります。この日を権利付最終日といいます。たとえば、権利確定日が31日で月曜日の場合、土日をはさむので3営業日前の権利付最終日は26日水曜日となります。この権利付最終日までに買って保有していれば、その翌営業日(権利落ち日)に売っても、権利確定日の名簿にはちゃんと名前が載り、優待の権利を得ることができます。
なお、企業の中には、権利確定日の名簿に載るだけでなく、2回あるいはそれ以上の回数連続して同一の株主番号で名前が載る、継続保有を条件にしているところもあります。保有株をすべて売却すると、その後買い戻しても、株主番号が変わって、継続保有でないことが会社側にわかるようになっています。
第二の条件は、決められた数以上の株式を保有していること。1単元以上としているところが多いですが、3単元以上としているところなどもあり、企業によって異なります。単元未満の保有では、ほとんどの場合、対象外です。また、保有数に比例してもらえる優待が増えるところや、とくに保有数の多い株主に、グレードの高い特別な優待があるところもあります。